遺伝子検査のこれからの課題や活用について

ガンやAGA、肥満や子供…いま多くの遺伝子検査がありますが、 遺伝子検査のこれからの課題や活用について考えいきましょう。

遺伝子検査による、親子鑑定





iryou...8







最近、結婚していない男女の間に生まれた子供に、
遺産相続をする場合の、裁判所での、
新しい判断が出たことが、話題になりました。



つまり、民法に定める、
「結婚している夫婦の子が、遺産を半分受け取る」ことは、
結婚していない二人の間に生まれた、子供、
つまり、「婚外子への、”不当な差別” だとする判断」を、
最高裁大法廷が行ったのです。



今までの考えでは、誰の子供かが、
よく分からないような場合でも、現在では遺伝子検査により、
親子の関係が、簡単に正確に判定することが、
出来るようになりました。



その結果、認知されていなかった子供への相続が、
発生するようなケースが増えているのです。



もちろん、結婚前に複数の男性と、
付き合っていた女性の場合など、
誰の子供かということが、血液型からだけでは、
分からない様なケースでも、遺伝子検査により、
親子の関係を明確にすることが、出来るようになったのです。



そのようなニーズが増えていることの背景には、
離婚率が増加して、以前よりも相続問題が、
増えていることが考えられます。



従来のような、親の血液型からは、
推定できない子供の血液型に関しても、
遺伝子検査をして、親子関係を明確にすることで、
理解が深まる可能性があるのです。



親子鑑定が、裁判で非常に重要な証拠となることが、
ありますので、大事な証拠としたい場合は、
所定の検査機関で検査を受けて、弁護士の鑑定書の作成に、
役立てることが大事となります。








Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.