遺伝子検査のこれからの課題や活用について

ガンやAGA、肥満や子供…いま多くの遺伝子検査がありますが、 遺伝子検査のこれからの課題や活用について考えいきましょう。

遺伝子検査で子供の才能が、どこまで分かる?





iryou...8







子供の資質を遺伝子検査により予測することが、
最近話題になっていますが、特に中国で、
子供への期待が高まっているようです。



子供の遺伝子検査を行うことで、
子供の潜在的な能力が理解できるということです。



たとえば、絵の才能があるとか、運動の才能があるとか、
音楽の才能があるというようなイメージです。



中国では、高収入の人が増え、子供に、
大きな期待を持っている場合、その才能を活かすために、
いろいろな教育費を投資しようとしています。



たとえば、音楽の才能が高いという事が分かれば、
小さい時から音楽のレッスンに通わせるといった風に、
子供の将来への期待が大きいのです。



また、国家レベルでも、オリンピックでメダルを取るための、
戦略としても、遺伝子検査が重要視されているようです。



子供の、能力に見合った長所を伸ばしてあげたいという、
考え方は皆同じようにもっているでしょうが、
問題なのは、その検査の結果の解釈です。



日本では、子供の遺伝子検査での子供能力推定の、
根拠が少ないとして、殆どの企業で、この様な検査の実施を、
していませんが、中国では普通に行われています。



日本でも、子供の遺伝子検査が最近話題になっていますが、
子供の遺伝子検査は主に中国で行われ、基本的に中国で分析した結果を、
日本に送付して、結果を自宅に届けるというものです。



子供遺伝子検査の信頼性が、どの程度のものかという点に関しては、
今後その実績や評価を見ないと、結論が出せない状況のようです。








Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.