遺伝子検査のこれからの課題や活用について

ガンやAGA、肥満や子供…いま多くの遺伝子検査がありますが、 遺伝子検査のこれからの課題や活用について考えいきましょう。

アルコール代謝遺伝子の検査





iryou...8







わざわざ遺伝子を検査するまでもないことですが、
お酒に弱い人と強い人がいた場合、お酒が飲めるかどうかは、
遺伝的に決まっているとよく言われます。



つまり、 体内に取り込まれたアルコールは、
最初アセトアルデヒドに分解されて、次には酢酸に代謝され、
最後に、水と二酸化炭素になり、体外に排泄されます。



お酒を飲んだ時に悪酔いしたり、頭が痛くなるのは、
アルデヒドが体内に蓄積するためです。



アルデヒドを分解する酵素の遺伝子が変異していて、
機能しないと、アルデヒドを代謝できず、
体内にアルデヒドが蓄積するため、気分が悪くなります。



つまり、アルデヒドを分解する酵素がない人はお酒が弱いのです。



最近の研究で、アルデヒド分解酵素の遺伝子について、
様々なことがわかってきました。



お酒が弱い人は世界的には、中国、韓国、日本など、
モンゴロイドが多い地域に限られるようです。



もともと、お酒が強いタイプの縄文人に、
お酒が弱い弥生人の特徴が後で加わり、
日本にはお酒が飲める人と、飲めない人が、
存在するのだということのようです。



日本の中では、比較的お酒が飲めるタイプの人が多い地域は、
東北から北海道地域と、九州や四国地域ということで、
それ以外の地域では、お酒が飲め内人の割合が、比較的多いとされています。








Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.