遺伝子検査のこれからの課題や活用について

ガンやAGA、肥満や子供…いま多くの遺伝子検査がありますが、 遺伝子検査のこれからの課題や活用について考えいきましょう。

病気の検査は、病院で受けよう





iryou...8







ガンなどの病気に関係した遺伝子の検査は、専門の病院で行われます。



勿論、民間でも病気に関係した遺伝子の検査を受けることが出来ますが、
専門医の判断を受けたり、その後の対応を相談するようなことは、
専門医でないとできません。



通常ガン遺伝子は、どんな人も持っているケースが多いのですが、
正常な状態では、その働きが抑えられています。



しかし、がん遺伝子の働きを抑えるための遺伝子が、
変異などで機能しなくなった場合は、ガン発症リスクが高まります。



遺伝子検査の目的は、このように遺伝子検査により、
将来の病気のリスクを評価したり、現在の病気の可能性を評価することができます。



しかし、最も大事なことは病気に関係したことですし、
その結果を受けて、すぐに手術などの治療を行ったり、
さらに、詳細な生体検査などの精密検査が必要かもしれませんから、
専門医との相談が必要となります。



もし自分で、民間企業で遺伝子診断をして、病気の可能性を得たとしたら、
直ぐに専門医に相談して、今後の対応を考える必要があります。



このように、遺伝子検査で様々な情報が得られることは有用なことですが、
その結果をどのように理解して、対処するかということが今後の課題となっています。



また、すべての病院で、遺伝子検査に対するアドバイスが得られるわけではなく、
専門医についても、まだ不足しているのが現状です。








Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.