遺伝子検査のこれからの課題や活用について

ガンやAGA、肥満や子供…いま多くの遺伝子検査がありますが、 遺伝子検査のこれからの課題や活用について考えいきましょう。

子供の遺伝子検査





iryou...8







「自分の病気の心配のために遺伝子検査をしてみたい」
といったニーズと並行し、最近特に注目されているのが、
「自分の子供の将来を、遺伝子検査の結果から予測したい」
こういったニーズが急速に高まっています。



つまり、子供に備わっている資質を、遺伝子の視点から解析して、
子供の資質に合った、将来の方向性を考えてあげたいという、
人が増えているのです。



例えば、



1)
学習や知能の潜在能力を解析することで、
記憶力、理解力、思考力、想像力、頭の回転の速さ、
などが推測できます。



2)
音楽の潜在能力を解析することで、
音楽のセンス、聴覚能力、集中力、執着力、社交性、
などの、音楽に必要な能力が評価できます。



3)
絵画に対する能力に関しては、
色彩感覚、美的センス、関心の高さ、
などから評価することができます。



4)
運動に関する遺伝子検査では、
子供の筋肉に関する性質が分かりますので、
長時間の運動が得意か、短時間や瞬間的運動が得意か、
というようなことが評価できます。
どのようなスポーツに向いているかどうかが理解できます。



今後、遺伝子と性格や肉体的特徴の関係が、
ますます研究されることになりますので、
子供の将来が持てる能力という視点から、
さらに、色々な視点で推測できるようになるでしょう。



最近テレビでも、子供の遺伝子検査の可能性に関して、
取り上げられたことがきっかけとなり、特に話題になっているのです。








Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.