遺伝子検査のこれからの課題や活用について

ガンやAGA、肥満や子供…いま多くの遺伝子検査がありますが、 遺伝子検査のこれからの課題や活用について考えいきましょう。

子供の遺伝子検査、結果の活用





iryou...8







子供の遺伝子検査が、何故これまでに話題を集めるようになったのでしょうか?



もちろん、出生率が低くなり、一人の子供に欠ける教育費や費用が高くなる傾向に有り、
将来的な期待が高くなっているということがあります。



また、自分の子供の可能性を予測できれば、
なるべく子供の得意な分野で、能力開発をさせてあげたいと思う親の気持ちは皆同じです。



このような理由から、子供遺伝子検査への関心が急速に高まっているのです。



子供の性格や能力を理解するために、遺伝子検査が行われます。



すなわち、普段の様子で分かる、例えば、足が速いとか、性格が穏やかなどということ以外に、
普段の行動からは気付いていないような、潜在的能力を知ることができます。



ですから、音楽の才能に気付いていなくても、遺伝子検査の結果から、
意外に音楽を始めさせてみたら、能力が見出されるということがあります。



このような能力を発揮させるための機会が少ないと、その能力に気付くのが遅くなってしまい、
子供の時に能力が開発されないということになりかねません。



また、潜在的能力ではありませんが、いつもどうして足が速いのかというような理屈が、
遺伝子検査することで、よく理解できることがありますし、さらに、
次の子供にも遺伝される可能性があることも、理解することができます。



さらに、一つの性格を、さまざまな関連する遺伝子を複合的に解析することから、
より納得性の得られる能力に気付くことができます。








Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.