遺伝子検査のこれからの課題や活用について

ガンやAGA、肥満や子供…いま多くの遺伝子検査がありますが、 遺伝子検査のこれからの課題や活用について考えいきましょう。

遺伝子検査の保険への影響





iryou...8







遺伝子検査で将来的な病気の起こる確率など、
ある程度推測が出来る時代が来ると考えられていますが、
もしそうなれば、保険に加入する際に、
その人が病気になる確率に合わせて、
保険料も変わることが予測されています。



しかし、現時点では日本の保険会社は、
遺伝子検査を保険加入時に行って、
リスク評価をする姿勢を見せていません。



保険加入時のリスク評価の精度を高めるには、
家族の遺伝子検査も重要となりますし、
また、そこで得られた膨大な個人情報の管理も大きな課題です。



遺伝子情報の流出は、遺伝子差別といった問題に結びつく可能性があるため、
保険業界のみならず、様々な局面で個人が不利益を被る可能性が指摘されています。



例えば、結婚や入社などにおいて、
遺伝子検査でのプライバシー情報が表面化すれば、
差別的に扱われる可能性が発生します。



個人の様々な特徴を示す遺伝子情報は、
就職や保険加入といった場面での差別に使われる恐れも指摘されています。



調査結果でも、遺伝子検査には魅力を感じる人が多く、
45%の人は技術の開発に期待をすると答える一方で、
情報の取り扱いや、不当な差別に結びつく事への不安を、
40%以上の人が感じています。



今後、この技術がどのくらい魅力的なものになり、
社会的に役に立つ技術になるかということと、
情報の管理などの仕組みがどのくらい整うかということに、
遺伝子検査の将来が影響されそうです。








Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.