遺伝子検査のこれからの課題や活用について

ガンやAGA、肥満や子供…いま多くの遺伝子検査がありますが、 遺伝子検査のこれからの課題や活用について考えいきましょう。

遺伝子検査の今後の課題





iryou...8







新しい技術が開発されたことにより、
飛躍的に疾病や将来的な可能性に関して、予測ができるようになってきました。



しかし、このような遺伝子検査に関して、
全く問題がないかというとそうでもありません。



ここでは、遺伝子検査における、
様々な問題点に関して整理をしてみました。



まず、結果に対する信頼性の問題があります。



ガンなど病気の情報に関しては、研究の対象として多くのデータが蓄積され、
専門家がリスクを評価した結果と考えることが出来ますし、



得られた結果についても、専門的クリニックで、
医師から指導を得ることができますので、結果に対してある程度の考え方が理解できます。



一方、ダイエットに対する遺伝子診断や、
子供の将来的潜在能力の評価の遺伝子検査などは、専門家が指導するケースは少なく、
民間のサービスが中心であるため、まだデータが十分とは言えません。



例えば、糖質を取ると太りやすい体質ということは分かっても、
どの程度に肥満のリスクがあるかというような具体的なことは、分かりにくいのです。



また、子供の才能を理解する場合でも、
才能があっても本当にその道で大成するかどうかのデータが、
十分あるわけではありませんから、その程度を評価することは難しいのです。



複数の場所での結果を比較して、総合的に評価してみることも有用です。








Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.